2005年11月24日

フェルデンクライスメソッド 5回目

急な残業で20分の遅刻。
連れも着いたばかりだったようで助かった。

今日は手のひらと足の裏を床につけて
ベストポジションを見つける、というレッスン。
最初は何をやってるんだかさっぱりわからなかったけど、
四つん這いの状態で「右手と左足を同時に持ち上げる」
「右手と右足を同時に持ち上げる」といった動作を
しているうちに、上手くバランスをとれる
手足の配置ができるようになった。
身体って、ほんと賢い。

posted by schneebly at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

フェルデンクライスメソッド 4回目

今日は、横向きに寝て
腕を前後に倒したり回したり、というのをやった。
バリバリだった首と肩がすごく楽になった。

もう一つやってもらったのは、仰向けに寝て
後ろから頭の下に手を差し入れてもらい、
首を回したり伸ばしたりするというもの。
頭の下にある手のひらがあったかくて、気持ち良くて、
落ちる寸前だった…。
これはやり方を教わったので、
さっそく誰かを実験台にして試してみることにする。
自分で自分にやれたら最高なんだけどなあ。
posted by schneebly at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

フェルデンクライスメソッド 3回目

今日は、眼に効く短いのと、
仰向けに寝転がって膝を立て、
左右にひねるような動きをするのをやった。
下半身しか動かしていないのに、
終わったら肩がすごく楽になっていた。

posted by schneebly at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

フェルデンクライスメソッド 2回目

前回から、ずいぶん間があいてしまった。
でも、これはこれでよいタイミング。
心が梨木香歩で整えられたのと同時に、
身体の方も調整できた。

3人でメソッドを受けているんだけど、
今日は1人が用事で遅れて来たので、
待っている間に短いプログラムをやってもらった。
段差のある所に腰掛けた状態で
腕の力を抜き、だらんとした腕を
先生が軽く持ち上げたり曲げたりするというもの。

なんてことない動作に感じたんだけど、
左側だけやってもらって立ち上がったら、
腕ががくんとたれさがって、
ぶらぶらしたまま全く力が入らない。
明らかに左右の腕の状態が違うのがわかる。
右側もやってもらったら、両腕がぶらぶらに…。

びっくりするやら可笑しいやらで、
うわ〜、すごいすごいと笑いながら
2人で歩き回っていたところに、
ちょうど到着した友人いわく
「なんかへんな宗教みたいだよ」
確かに、今30万円の壷を売りつけられたら
買ってしまうかもしれない。
そのくらい説得力のある体験だった。

その後1時間ほどのプログラムを受けて終了。
ゆるゆるになった身体で外を歩いたら、
自分の輪郭があいまいになって、
外の空気と混ざり合うような不思議な感じがした。



posted by schneebly at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

フェルデンクライスメソッド

友人に誘われて体験してきた。

フェルデンクライスメソッドとは
(日本フェルデンクライス協会)

整体とも違うし、ストレッチでもないし、
なんとも説明しにくいんだけど、
ゆったりと寝転がって、先生の声に合わせて
体をひねったり伸ばしたり。
今日教わったのは骨盤を開く動きなんだけれど、
1時間半ほどやっているうちに、体がゆるゆるになった。
友人「ダメな猫みたい」
私「焼けた餅になった気分」
もうこのままここで寝かせてくれ〜ってな感じ。

このメソッドは、無理しないで自分のペースで
やりたいようにやることがポイントらしく、
限界までひねって!とか足の位置はそうじゃなくてこう!
とか、絶対に押し付けない。
それが物足りないという人もいるみたいだけど、
私みたいに根っからゆるくて自分に甘い人間にはぴったり。

眠くなったら寝ちゃってもいいんですよ〜、
嫌になったら途中でやめてもいいんですよ〜と
優しく語りかけてくれる先生の声に、
ここは天国か?と思ってしまった。
…やみつきになりそう。




posted by schneebly at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。