2008年12月22日

12月のレッスン

Mさんは風邪でお休み(お大事に〜)、
Pさんは30分ほど遅れるとのことで、
先にFIをやってもらう。

前回とても気持ちよかった「円柱コロコロ」。
時々先生が手や足を引っ張ってくれる。
全身が円柱の上でバランスをとろうとして
微調整をし続けているのが感じられた。
終わってスキャニングすると、
床が凹んで感じられるくらい身体が沈みこんでいる。
今日はもうこのまま寝てていいですか〜と
言いたくなるくらい緩んだ。
この円柱スゴい!欲しい!と
入手先など話しているとPさん到着。
ATMに入る。

うつ伏せに寝て、顔は左側を向け、
右耳の下に両手を伏せて重ねて置く。
膝を立てて足の裏を天井に向ける。
両足を右側にゆっくり倒す。
顔の向きを入れ替えたり、
足を倒す向きを入れ替えたりして繰り返す。

レッスン日/08.12.18

11月のレッスンを記録してなかった…!
もう何したか覚えてないよ…
posted by schneebly at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

レッスン再開

都合でしばらくお休みしていたレッスンを再開。
前回は去年の8月24日だったので、
先生とも、Pさん、Mさんとも
1年以上会っていなかったことになる。びっくり。
勘を取り戻すべく、軽めの内容からゆるゆると。

最初はスキャニング。仰向けに寝た状態で、
自分の体が床にどんな風に接しているかを
足先から頭の方へ順番に確認していく。

1)仰向けに寝て膝を立て、
右膝を左膝の上に乗せて足を組み、
左膝を左側に倒していく。
何回か繰り返して、仰向けの状態に戻ると、
既に体と床の接し方が
左右で変わってきていることがわかる。
足を組み替えて反対側の動きも同じように。

2)1の動きに、頭を持ち上げる動きを加える。
頭の下で手を組み、肘を閉じながら頭を少し持ち上げる。
頭を持ち上げる動きと、足を倒す動きが
滑らかに連動するように繰り返す。

3)仰向けに寝て膝を立て、
右手を左の脇の下に入れ、
左手も右脇に持っていき、肩甲骨を触る。
その状態で、右肩を少し浮かせる。
次に左肩を少し浮かせる。
骨盤から下は動かさないようにして、
左右交互に体を持ち上げる。
慣れてきたら、目や頭の動きもつけたり、
骨盤や足も一緒に動かしながら左右にゆらゆら。

3の動きは、最初にレッスンでやったときに
とても気持ちよかったので、ときどき寝る前に試している。
背中がいい感じにほぐれるんだけど、
やりすぎると翌日起きたときに
全身がだる〜くなっているので要注意。

そんなこんなで、あっという間にレッスン終了。
久しぶりだから大丈夫かな〜と思っていたけど
ちゃんと体は覚えていたみたいで、
上手に動くことができた。
スキャニングをすると、始める前よりも
明らかに体が床に沈むように密着している感じがするし、
立ち上がったときに首から背筋がすっと伸びて
肩がほどよく落ちて、姿勢が美しくなっているのがわかる。
「これだよこれ〜」とはしゃぎながら、
3人でぐるぐると部屋を歩き回る。
終わった後のゆるゆるな感じも久しぶりで気持ちいい。

08.10.16


posted by schneebly at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

フェルデンクライスメソッド24回目

のんびりしてたら、レッスンからもう1週間!

Pさん、Mさんと3人でのレッスン。

1つめのレッスンは盛りだくさん。
・仰向けになって膝を立てる。
足の裏で床を押す動き。
・同じく仰向けの状態で両足の裏をあわせて
膝を開き、足先を手前や奥に床に沿ってすべらせる。
・座って両足の裏をあわせて膝を開き、
手は後ろに置いて体を支え、
骨盤を手前や奥に転がすように動かす。
・右を下に寝て膝を曲げ、
足先はつけたまま左膝を持ち上げる。
・仰向けに寝て、胸を膨らませるように息を吸い、
息を止めて、ためた空気をお腹に移す。
お腹〜胸を何度か行き来させてから吐く。
…こんなような動作を交互に。

2つめはbabyシリーズ。
仰向けに寝て膝をお腹に引き寄せる。
両手で拳をつくって口元につけて、
赤ちゃんのポーズ。目で周りを見回す。
顔や肘も目にあわせて動かす。
横倒しにならない範囲で体を傾けバランスをとる。
両肘と両膝をくっつけるようにすると、
すぐに仰向けのポジションに戻れる。
反対に、肘と膝をなるべく遠ざけるようにしながら
横向きになりお腹をふくらませると、
うつぶせになれる。
赤ちゃんが成長して寝返りがうてるようになった!

レッスン日/07.06.12
posted by schneebly at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

フェルデンクライスメソッド 23回目

いつものレッスンの合間に、
リラグゼーションを求めて
個人レッスンのFIを申し込んだ。

仰向けに寝て力を抜き、後は先生にお任せ。
軽く脚を持ち上げたり体の下に手を差し入れたり
してもらっているうちに、
どんどん体がゆるんでいく。

指示に従って自分で動く
普段のレッスン(ATM)とは違って、
寝てるだけでOK、というのはまさに極楽で、
あっという間に50分が終了。
しかも、終わった後の効いた〜という感覚は
ATMより強いくらい。

自分へのご褒美として、あるいは
体がどうしようもなくダルいときの切り札として。

07.06.05
posted by schneebly at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

フェルデンクライスメソッド 22回目

昨日は久々のレッスン(注1)。
PさんとMさんと3人。

ひとつめは、人間起き上がりこぼし。
仰向けに寝て膝を立て、左手を頭の下に置き、
右手は右膝に添える。
右膝を胸に引き寄せながら左手で頭を持ち上げ、
右膝と左肘をくっつけるようにする。
同じ動きを、左側を下にして
横向きに寝た状態で行う。
背中が柔らかく丸くなっていく。
次に、起き上がって横座りになる。
頭の後ろに左手を置き、
左肘を両膝の前の床につける。
体がすごく柔らかくなっているのがわかる。
いよいよ仕上げ。仰向けに寝て両膝に手を添え、
左に倒れながら左膝を胸に引き寄せ、
右膝を胸から遠ざけるようにすると、
右膝に引っ張られるように体が起き上がる。
元に戻り、今度は右側に転がる。
慣れてくると左右にコロンコロン、
転がって起きられるようになる。
これが楽しくて気持ちイイ!
3人でワーキャーいいながら
コロンコロンやっているうちにハイな気分に。
アヤシイ宗教のよう。
そういえばトルコかどこかに
回って踊る宗教ってあったな。(注2)

休憩をはさんで、ふたつめのレッスン。
仰向けに寝て、呼吸を楽にし、
鼻から息を吐くときにハミングをする。
右手の親指で右の鼻孔を、
人差し指で左の鼻孔を交互にふさぎながら
ハミングを続ける。
左右で音が微妙に違うのを感じる。
高音、低音と変化をつけながら、
体のどこが響いているかスキャンする。
なんとなく鼻の通りがよくなったかな?
終わって帰宅して、バタンキュー。

注1)レッスンの回数を確認しようと思って
前回の記事を見たら、
レポートが1回抜けていた…
21回目は、3月15日。
何をやったか、もう忘れちゃった。

注2)検索してみた。
イスラム神秘主義(スーフィー)の一派、
メブラーナ教団の「旋回舞踏」。
男の人たちが白いロングスカートのような装束で
ひたすらぐるぐる回る、というのを
以前テレビで見たことがある。
忘我の境地になって神と一体化するというものらしい。

posted by schneebly at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

フェルデンクライスメソッド 20回目

Pさんは風邪のためお休み(お大事に〜)、
Mさんと2人でレッスン。

うつぶせに寝て、頭を左右どちらか、
自分の向けやすい側に曲げる。
私は右向きの方が楽だったので右。
左手を頭の下に置き、
肘から手までを同時に浮かせて頭を持ち上げたり、
肘を遠くへ伸ばしたりする。
反対向きも同じように行う。

次に、その体勢のまま膝を曲げて
足の裏を天井に向け、
足で天井を押すつもりで左右交互に膝を浮かせる。
どこに体重をかけると動きやすいかを考えながら動く。

しばらく動いた後で最初の動きに戻ると、
さっきよりも頭が高く上げられるようになっていた。
身体のどこを支点にすると動きが楽になるか、
いつのまにか学習していたようだ。

終わって立ち上がり、歩いてみると
背中や首がすっと伸び、腰もしっかり安定して
姿勢がよくなっているのがわかった。

posted by schneebly at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

フェルデンクライスメソッド 19回目

今年最初のレッスン。
久しぶりにPさん、Mさんと3人揃った。

レッスン1は、膝を立てて座った姿勢で
いろいろな動きをした。
頭の後ろで手を組んで、肘と膝を近づけたり、
脚の間から手を差し込んで膝の下をくぐらせ、
床の上を探るように動かしたり、
脚を持ち上げたり、という動き。
最後は手で脚を持って丸くなり
後ろ〜前にコロコロ転がった。
肩や背中が柔らかくなる感じ。

レッスン2は、左を下にして寝て、
手を前に伸ばして、掌をあわせ、
片方の手だけをさらに前に伸ばす動きなど。
途中で意識を飛ばしてしまったので
なんだかよく覚えていない…
肩やあばら骨のあたりが伸びて気持ちよかった。

レッスン日/07.01.18
posted by schneebly at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

フェルデンクライスメソッド 18回目

今日は友人Pさんが急な仕事のため欠席。
Mさんと2人でのレッスン。
寝不足がたたって、始める前から眠くて仕方がない。

レッスン1は、仰向けに寝て、
膝を曲げておなかにつける赤ちゃんのポーズ。
両手を軽く握って口元に持っていき、
唇で拳の感触を確かめたり、左右に転がったりした。

レッスン2は、うつぶせになって
膝から下を立て、左右へ倒す動き。
右へ倒している途中で眠ってしまって、
気がついたら終わっていたので、
右側だけがゆるんだ状態になってしまった。

レッスン3は、横座りして身体をひねる動き。
目を身体と一緒に動かすのを意識しながら行う。
最初は固かった身体が、どんどん柔らかくなって
後ろの方までひねれるようになって気持ちいい。
この動作は前にもやったことがあるのを思い出した。
過去の記事を確認したら8回目のレッスンだった。
ブログに記録しておいた甲斐があったかも。

全部終わったら、左右のバランスも
ちゃんと直っていたのでほっとした。
posted by schneebly at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

フェルデンクライスメソッド17回目

疲れがたまっていたので
個人レッスンでFIをお願いした。

直径15センチ、長さ80センチほどの
発泡スチロールの円柱の上に、
頭からお尻までを仰向けにのせて、
手はだらんと床につけ、足は膝を立てた状態で、
ゆらゆらバランスをとりながら
手足を動かしたり伸ばしたり。
少しやっただけで、スキャニングしたとき
体がべったりと床につくほどゆるんだ。

そのあとは床に寝そべって
軽いマッサージのようなことをしてもらい、
1時間ほどで終了。はー、気持ちよかった。
posted by schneebly at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

フェルデンクライスメソッド 16回目

30分ほど遅れて到着。先に来ていた友人は、
ショートレッスンを終えて沈没していた。

今日は、横向きに寝て足を直角に曲げ、
膝と頭を近づけるようにして背中を丸くする動き。
最初は固かったけれど、繰り返すうちに
なめらかに動けるようになり、背中も柔らかくなった。
時間が余りなかったので早めに切り上げ、
目の体操を少しだけやって終了。
帰り道、眠くてたまらない。
posted by schneebly at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

フェルデンクライスメソッド 15回目

1回休んでしまったので、1ヶ月半ぶり。

フェルデンクライスに通い始めてから
以前ほど肩こりがひどくなくなって
よかったなあと思っていたのだけれど、
この休みの間に「吐き気がするほどの肩こり」
というのを経験してしまった。
やはり普段から体動かさないとダメだ…。

始めに軽いレッスン。
仰向けに寝て体をリラックスさせた状態で、
唇を前に突き出し、元に戻すという顔のエクササイズ。
お乳を吸う赤ちゃんになったつもりで、
と言われてやっているうちに意識が飛んでいた。

メインのレッスンは、
仰向けに寝て両ひざを立て、手は組んで頭の下に置き、
頭・ひじ・ひざを全部持ち上げてキープする、というもの。
いきなりでは上手くできないので、
右ひじと右ひざを近づけたり、
その状態で横に転がったり、
今度は右ひじと左ひざを近づけたり、と
少しずつバリエーションをつけていく。
体の対角線のラインを感じる、というのが
なかなか難しかった。





posted by schneebly at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

フェルデンクライスメソッド 14回目

前回からほぼ1週間で、次のレッスン。
今までで最短のスパンかも。

確認したら、ちょうど去年の8月18日が
初レッスンだった。丸1年かあ。

今日はいつものメンバーの日。
時間ギリギリについたら、1人は先に来ていて
ショートレッスン(FI)を終えたところで、
すっかりゆるゆる(うらやましい)。
スキャニングをしているうちに、
最近お休みが続いていたもう1人も到着。
久々に3人揃った。

今日の動きは、
右側を下にして横向きに寝て、
右足は伸ばし、左足は前に出して曲げた状態で、
左の掌を胸の前に置き、肘を立てて
前後に押したり引いたりするというもの。
(文章にするとややこしいな…)
反対向きでも同じ動きをした。
終わったら、肩が気持ちよく開いていて、
それまで背中が固まってたことを実感。

残った時間で顔のレッスンも。
口を軽く開いて、顎を左右や前後に動かすもの。
今まであまりやったことのない動作で新鮮だった。




posted by schneebly at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

フェルデンクライスメソッド 13回目

9日の報告を今ごろアップ。

いつもコメントを書いてくれてるふう子さんが
体験希望だったので、2人でレッスンを受けた。

前回から約3週間、身体は好調を維持できてたけど
8月上旬の仕事&遊び疲れがたたって
レッスン前はちょっとダルい感じ。
スキャニングをしている間に早くも落ちる。

レッスンは、仰向けに寝て膝を立てて
組んだ足を左右に倒す動きと、
手を頭の後ろに入れて頭を持ち上げる動きを
タイミングよく組み合わせるものや、
同じく仰向けに寝た状態で
右手を左の脇の下から差し込んで左の肩甲骨をつかみ、
左手で右の肩甲骨をつかんで
左右にゆらゆら転がる動きなど。
このゆらゆらは特に気持ちよくて
ずっと続けていたいくらいだった。

ふう子さんも、自分のペースで
ゆったりとレッスンを楽しんでいた模様。

翌日は背中全体がじわ〜っとダルくて、
おお、効果が出てるなあと思っていたが
その次の日も、また次の日もそんな状態で、
しかも夜寝ても寝ても寝足りない感じが続いて、
ゆるゆるになりすぎてしまったかと心配になる。
レッスンをきっかけに、たまっていた疲れが出たかな。
今月は、下旬にも忙しさのピークが来るから
今のうちに休んでおこう。


posted by schneebly at 19:42| Comment(4) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

フェルデンクライスメソッド 12回目

前回のレッスンから2週間。
間隔がわりと短めだったせいか、
身体の調子を維持したまま過ごすことができた。

今日は首を伸ばす動き。
仰向けに寝て膝を立て、
床を踏みしめる感じで尾骨を浮かせ、
その動きに合わせて頭の後ろに組んだ手で
頭を上の方に引っ張り上げる、というもの。

最初はうまくできなかったけれど、
左右交互に、動作をバラしながらやっていくうちに
スムーズに動けるようになった。
ひととおり終わった後の、ほぐれた身体が気持ちよく、
遊び疲れて昼寝をする夏休みの子どもみたいに
大の字になって堪能した。
立ち上がると、首がすっと伸びて、肩が開いて
背が高くなったような感じ。
先生に勧められて鏡を見に行ってみると、
格段に姿勢が美しくなっていた。
この感じを、忘れないようにインプット。


posted by schneebly at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

フェルデンクライスメソッド 11回目

今日は初参加の友人と2人でレッスンを受けた。
私の要領を得ない説明にも関わらず、
興味を示してくれて嬉しかった。

レッスンを始める前に毎回行う「スキャニング」、
寝転がって自分の体の状態を確認する作業も
最初ということで特に念入りに。

今日の動きは、仰向けに寝て、
膝を立てて足を組んだまま左右に倒したり、
天井の方に手を伸ばして掌を合わせ、
左右に倒したり、というもの。
背骨や腰が回って、肩甲骨が開いていくのが気持ちいい。
最初は「寝ちゃいそう〜」と心配していた友人も、
しっかり意識を保って体験していた模様。

1レッスン終わった後、寝ている状態で
頭の下に掌を入れてもらう動きを1人ずつやってもらい、
「気持ちいい枕の高さ」を模索。
ほんとに微妙な違いなんだけど、
ピタリとくる高さや位置が見つかって、枕問題解決!

posted by schneebly at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

フェルデンクライスメソッド 10回目

連れが急な仕事で来られなくなり、私一人だったので、
FI(エフアイ)という個人レッスンを受けた。

普段のグループレッスンでは
先生の指示に合わせて自分で動くのだけど、
今日はただ寝転がって、先生に体のあちこちを
押したり引いたりしていただくという、極楽な内容。
マッサージほど強くなく、軽い動作なのに
ものの5分で「もう動けませ〜ん」というくらいゆるゆるに。
いつもの半分の時間で終了した。
posted by schneebly at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

フェルデンクライスメソッド 9回目

2ヶ月ぶり。
レッスンお休みして間が開くことは多いけど、
こんなに開いてしまったのは初めてだ。

体が、すっかりダメな方にリセットされちゃいました、と
先生に言ったら、それが自覚できるってことは
レッスンやる前より進歩してるってことじゃない?と
慰めてくださった。

今回は、肩〜背中をゆるめる動き。
仰向けに寝て、胸の上で組んだ両手を
頭の上の方の床に伸ばし、左右に動かす、というもの。
それに足の動きを加えたり、
左右にひねる動きを加えたりしながらゆっくりと続ける。

終わって立ち上がったら、
姿勢が変化しているのが自分でもわかる。
肩が開いて、体の重心が上がった感じ。
ガチガチだった肩や背中もすっかり軽くなった。

↓ 2006.5.20追記
結局この日は体がゆるゆるになって眠くて眠くて、
早々に就寝。翌日は、体はすごく楽になったけど、
時間が経つにつれて揉み返しのような状態で
じわ〜んとだるい感じに。
久々すぎて、体がびっくりしちゃったかな。





posted by schneebly at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

フェルデンクライスメソッド 8回目

前回のレッスンから、だいぶ間があいてしまった。

今回は、足を横に流して座って、手を目の前に伸ばし、
手の動きを目で追いながら身体をひねる、というレッスン。
動きを繰り返すうちに、どんどん身体がひねれるようになって
最初は見えなかった後ろの方まで見えるようになった。
脇が伸びると気持ちいい。
posted by schneebly at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

フェルデンクライスメソッド 7回目

前回は風邪でお休みしてしまったので、
久しぶりのレッスン。
教室に行くなり、身体が固まってると先生に指摘される。
連れが少し遅れるというので、待っている間に
軽く背中や腰をマッサージしていただいた。
また、始まる前からゆるゆるに…

今日の動きは、右を下にして横向きに寝そべり、
伸ばした右腕を身体の周りで円を描くように
ぐるぐるまわす、というもの。
頭の上〜背中側〜お尻の下をくぐらせて前へ、
という動作を、滑らかにできるようになるまで続ける。
もう一つは、やはり横向きに寝て膝を曲げ、
左膝で大きな円を描きながら、身体を転がす、というもの。

どちらも、最初指示されたときは、
???と思うのだけど、やっているうちに
これはどういう動きなのかがわかってきて、
しかもだんだん上手に動かせるようになってくる。
終わった後立ち上がって歩いてみると、
明らかに身体の状態が違うのがわかる。楽しいなあ♪
posted by schneebly at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

フェルデンクライスメソッド 6回目

5回分のクーポンがたまったので、
FI(エフアイ)という個人レッスンを受けさせてもらった。
仰向けに寝て、腰の下に発泡スチロールの
丸い棒(直径10cmくらい?)を置き、
そのまま足を曲げたり身体をひねったりするもの。
ちょっとやってもらってから棒を外すと、
腰が床に沈み込むような、ペッタリした感じになった。
同じ棒を、足の裏にあてて転がしながらマッサージすると、
立ち上がったときに足の裏が地面に吸い付くよう。
20分くらいやってもらったら、あまりにも気持ち良くて
そのあとのレッスンはグダグダになってしまった。
左右、前後に転がる動作をするという内容だったんだけど、
横になって先生の指示を聞いているうちに
いつの間にか落ちてしまった…。

posted by schneebly at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。