2005年08月27日

クロウ 飛翔伝説

クロウ - 飛翔伝説 - コレクターズ・ボックス (完全限定生産)

コレクターズ・ボックスが届いた〜!
前にも書いたけれど、
ずっとずっとDVD化を待っていた作品なので嬉しい。
フィギュアも、予想以上のカッコよさだった。

↓ 05.08.28追記 〜特典映像感想

ブランドン・リーのインタビューに涙…。
この作品と、エリックという役柄への愛情が
ひしひしと伝わってきた。
『クロウ』でブランドン・リーが見せた演技は、
彼が撮影中の事故で亡くなったという事実を割り引いても
鬼気迫る迫力に満ちていて、
この後のアクション・スターとしての活躍が
楽しみに思えただけに、その死が残念でならない。

原作者ジェームズ・オバーのインタビューも
相当ヘヴィーだった。孤独な少年時代を送った彼に
初めて人を愛することを教えてくれた女性は、
飲酒運転の車にひき殺されてしまった。
このむごい出来事に打ちのめされた彼が、
行きどころのない悲しみや怒りを刻み付けたのが
『クロウ』というコミックなのだ。
暗い部屋で落ち着かなげに胸の内を語る彼は、
未だに癒えない傷から血を流し続けているようだった。









posted by schneebly at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

ラビリンス 魔王の迷宮

ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション

以前にも書いたけど、
待望のDVDが届いたのでさっそく鑑賞。
公開当時劇場に見に行って、そのあと多分何度か
ビデオやTV放映で見ているからかもしれないけど、
久々に見返したらどの場面もすごく印象に残っていて驚いた。
ラスト近くのエッシャー風階段迷宮なんて最高。

20年も前の作品なので、今となっては
特撮技術がちゃっちいんだけど、
そんなことも気にならないくらい
どっぷりと世界に浸ってしまった。
クリーチャーが表情豊かで魅力的。

サントラも、当時カセットテープを持っていて
何度も何度も聴いたので耳に残っている。
Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film
posted by schneebly at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

WATARIDORI

公式サイト

『皇帝ペンギン』つながりで、
BS放映を録画しておいたものを観た。
鳥と一緒に空を飛んでいるみたいな気分。
超軽量飛行機を使って撮影したという映像は、
とても気持ちよい飛行感を味わえるものだった。
劇場で観たかったな…。
公開当時、全く気づいてなかったのが悔しい。
次は『ディープブルー』も観なくては。

録画/05.07.29
posted by schneebly at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

皇帝ペンギン

公式サイト

よかった〜。これはやはり大画面で観るべき作品。
外は暑かったけど、マイナス40度の世界に
入り込んだ気分を味わえた。

原題は"La Marche de L'empereur"、
つまり「皇帝の行進」。
海から繁殖地までの100kmもの道のりを、
ペンギンたち、とにかく歩く歩く!
最初はよちよちとした足取りや
人間そっくりの立ち姿がユーモラスに感じられたけど、
生きるため、子どもを守るためにじっと耐える姿が
ストイックで美しく見えてきた。

極寒の地での子育てはとても過酷なんだけれど、
かえったヒナのかわいらしいこと。
ビバ産毛!ビバペンギン保育園!

できれば字幕版で観たかったけど、
そんなにセリフは多くないので
吹替版でもあまり気にならなかった。

劇場/05.07.29
posted by schneebly at 21:21| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

アイランド

公式サイト

好きな役者が出ているのでとりあえず観ておこう、
という軽い気持ちで行ったが、期待以上に面白かった。
映像がきれいだったし、アクションシーンもよかった。
清水玲子の『輝夜姫』を思い出した。

劇場/05.07.24鑑賞
posted by schneebly at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

ザッツ・エンタテインメント

ザッツ・エンタテインメント

HDレコーダーが一杯になってしまったので
整理中。これは6月にBS2で放送したもの。
ミュージカルは苦手なんだけれど、
超一流の作品の名場面集なので、
さすがに見入ってしまう。

05.07.18鑑賞
posted by schneebly at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

映画『フライ・ダディ・フライ』

観てきた。予想よりもよくて、楽しめた。
舜臣が岡田准一で「おっさん」鈴木が堤真一と知ったとき、
小説を読んでイメージしていたのと
あまりにもかけ離れているのでびっくりしたけど、
観てるうちにこれはこれでアリかも、と思った。
岡田准一は、おバカな役よりも
こういう憂いのあるキャラクターだと
色気があっていいなあ。ちょっと惚れた。
あと、南方役のコがなかなかよかったな。
松尾敏伸という役者らしい。

映画公式サイト

フライ,ダディ,フライ原作
こちらは講談社版。現在は角川から新版が出ているけど、
最初に読んで思い入れがある方にしてみた。

05.07.13鑑賞

posted by schneebly at 00:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

2005上半期印象に残った映画

って言っても、全然映画観てない…!
このペースで行くと、ここ10年で
一番映画を観ていない年になってしまいそう。

グリーンフィンガーズレンタル
スーパーサイズ・ミー劇場
ナショナル・トレジャー 特別版劇場
ネバーランド劇場
ロング・エンゲージメント 特別版劇場

posted by schneebly at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。