2010年11月23日

2010年4月に見た写真集

世界のシェー!
世界のシェー (よりみちパン!セ)
10/04/08 図書館


汽車通学
汽車通学
北海道のローカル線の通学風景の写真集。
これぞ青春、って感じだけど、
写ってる当事者たちにとってはあたりまえの風景だろう。
後になってからわかるんだ。どんなにキラキラしてたか。
10/04/13 図書館


可笑しな家
可笑しな家 世界中の奇妙な家・ふしぎな家 60軒
土の中の家とかヤシの木の上の家とか崖の上の家とか。
10/04/14 図書館


夢の棲み家
夢の棲み家
『可笑しな家』の姉妹編。
建築家が作ったユニークな住宅の数々。
その中に身を置いてみたくなる。
10/04/14 図書館
posted by schneebly at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

2009年12月に見た写真集

AT HOME WITH BOOKS
At Home with Books: How Booklovers Live with and Care for Their Libraries

キース・リチャーズの書斎も

購入/09.12.20


自宅の書棚
自宅の書棚―本のある暮らし。本をインテリアとして生かす。

うっとり

購入/09.12.20


Libraries
Candida Hofer : Libraries

世界の美しい図書館の写真集。
これはたまらない

購入/09.12.30
posted by schneebly at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

hi mi tsu ki chi ヒミツキチ

hi mi tsu ki chi ヒミツキチ

草むらに。河原に。ビルの隙間に。
子どもたちの秘密の基地。
×印がついた手書きの地図が
さりげなく添えられてるのもかわいい。

図書館/09.09.24
posted by schneebly at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕の空、ルシエール

僕の空、ルシエール

同じ空は二度と見られない

購入/09.09.17
posted by schneebly at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

パラオ 海底の英霊たち

パラオ 海底の英霊たち―記録写真集田中正文

旅先の旅館のラウンジに置いてあったのを
つい熟読してしまった。合掌。

借用/09.08.01
posted by schneebly at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

あ (こどものとも絵本)大槻あかね

針金人間が日用品と出会う、字のない写真絵本。
綿棒でウェイトリフティングしてみたり、
本に挟まってみたり、
ジッパーでサーフィンしてみたり。
ただそれだけなんだけど、楽しい。
だれか、これをストップモーションアニメにしてくれないかな。

購入/08.11.08
posted by schneebly at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

写真が語る地球激変

写真が語る地球激変―過去の地球、現在の地球、そして未来の地球は…?

温暖化や開発や天変地異による環境の変化を
before-afterの写真で比較。
後退する氷河や変化する海岸線、
ハリケーンで水没した街など
ショッキングな画像が次々と。
百聞は一見に如かずとは、このことだ。

図書館/08.01.31

posted by schneebly at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

フライ、ダディ、フライ VISUAL BOOK スンシンの哲学

『フライ,ダディ,フライ』VISUAL BOOK ~スンシンの哲学~加藤義一

こちらも「SP」祭りの勢いで。

購入/07.12.11

posted by schneebly at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

最終工場

最終工場 (JAPAN DEATHTOPIA SERIES)小林伸一郎

デストピアシリーズ最終章。
書店で見かけて思わず駆け寄ってしまった。
「工場」で「廃墟」ときたら
買って帰らずにはいられない。

シリーズ一作目は衝撃的だった。
廃墟遊戯
98年に出たこの写真集は、
自分の廃墟志向を自覚するきっかけになった。
でも、『最終工場』を見ていたら、
もしかして私がそそられていたのは
廃墟一般じゃなくて「工場廃墟」だったのかも、
という気分になってきた。

購入/07.09.24
posted by schneebly at 21:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

at HOME

上田義彦写真集 at Home上田義彦

写真家の上田義彦が、妻桐島かれんと結婚した93年から
4人の子どもが誕生するまでを記録した13年間の記録。
桐島かれんの日記が添えられている。

藤代冥砂の『もう、家に帰ろう』や、
アラーキーの『陽子』。
プロの写真家が、愛する人を撮るという行為に
興味があるんだな、と自覚した。

購入/07.09.16
posted by schneebly at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

背景ビジュアル資料1 工場地帯・コンビナート

工場地帯・コンビナート (背景ビジュアル資料 1)かさこ

我ながら、どうかと思ったけど
買わずにはいられなかった。
ホントは自分で撮りに行きたい。

購入/07.08.13
posted by schneebly at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

ダム

ダム萩原雅紀

ダムマニアまでは行かないけど、
ドライブしてて近くにダムがあったら
見に行ってしまう傾向あり。

図書館/07.04.24
posted by schneebly at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

工場萌え

工場萌え石井哲、大山顕

帯のキャッチコピーは、

 工場好きによる工場好きのための、
 「工業地帯の歩き方」。
 工場・コンビナートにぐっとくる、全ての人へ。

こういう写真集を待っていた!
うっとりするような工場写真と、
工場鑑賞ガイドで構成された本。

いつから自分の「工場好き」を自覚したのか
はっきりと思い出せないけれど、
パイプやダクトが無数に入り組んだ工場の風景に、
たまらなくときめいてしまう。
夕方〜夜の工場の美しさにノックアウトされて
工場夜景を見に真夜中のドライブに行ったり、
わざわざ遠回りして湾岸道路を走ったり。

そんな風に工場に魅せられている人が
いっぱいいるというのが、なんだか不思議。

著者のブログ「工場萌えな日々」もチェック。
http://d.hatena.ne.jp/wami/

購入/07.03.08読了
posted by schneebly at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

four years ago

four years ago(フォー・イヤーズ・アゴー)オダギリジョー/黒田光一

「HAZARD」の予告編で見た短髪のオダジョが
やけに久々な感じがして新鮮で、
そこから若きオダジョ方面が気になり出した。
これもクウガに至ったきっかけの一つだったなと
後から思い出す。

破れ傘をさしてゴミ集積場を歩いているショットと、
タバコ吸ってる手元が写ってるショットが気に入った。


購入/07.01.16
posted by schneebly at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

うめめ

うめめ梅佳代

知り合いがブログで紹介していて
面白そうだったので手に取ってみた。
すっとぼけた写真たちが波状攻撃を仕掛けてきて、
ページをめくるうちに
「クスッ」から「ブフォッ」になって
最後は笑いの発作が止まらなくなる。
誰かに薦めずにはいられなくなる写真集。

図書館/06.11.21読了
posted by schneebly at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

雪の結晶

SNOW CRYSTALS
Snow Crystals (Dover Photography Collections)W.A.Bentley

生涯に5,000以上の雪の結晶を撮影したという
ベントレーの写真集。
二つと同じものがない、という雪の結晶の
美しさ、繊細さを実感。

雪の結晶―冬のエフェメラル
雪の結晶―冬のエフェメラル
小林禎作

雪の結晶の仕組み、研究の歴史などを
コンパクトに紹介しているもの。

どちらも、
アマゾンで別の本を検索しているときに出会った本。
雪の結晶の模様が好きなので、思わずゲット。

冬の札幌で、コートについた雪が
ぼたん雪ではなくて、さらさらで、
結晶の形がはっきりと見えるので
感激したことを思い出す。

購入/06.10.09読了
posted by schneebly at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

地球の食卓 世界24か国の家族のごはん

地球の食卓―世界24か国の家族のごはん

「申し訳ありませんが、家の中の物を全部、
家の前に出して写真を撮らせてください」
という写真集、『地球家族』。
「日本の平均的な家庭」のモノの多さは衝撃的だった。
オンライン書店ビーケーワン:地球家族

『地球の食卓』は、その食べ物バージョン。
アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ…
ずらりと並んだ一週間分の食料とともに写された
24カ国の家族のポートレートは、
どんな文章よりも雄弁にその国のありようを語っている。
一目瞭然というのはこのことか!という感じ。

一週間分の食料の詳細な内訳、金額、
それぞれの家族のご自慢レシピから
各国の食生活にまつわる統計など、盛りだくさん。

図書館/06.09.25
posted by schneebly at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

scanscape

Scanscape: A Visual Essay About a Global Phenomenonmarc rader

Amazonで『スモール・プラネット』
のページを開いたときに「あわせて買いたい」や
「この商品を買った人はこんな商品も買っています」で
紹介されていたので、ついポチっとしてしまった。
アメリカの郊外の新興住宅地を
ミニチュアっぽく撮った写真集。
なんとなくティム・バートン風味。

後ろ半分は英語とスペイン語の解説(多分)が
書かれてるんだけど読めず。

購入/06.08.01読了

↓こっちも気になるけど、
ユーズドはいいお値段…。
Miklos Gaal: Sightseeing Tour
Miklos Gaal: Sightseeing Tour

posted by schneebly at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

子パンダたち

となりのこぱんだ
オンライン書店ビーケーワン:となりのこぱんだ
カーラ・カリーナパンダプロジェクト編 / 網網監修

かわいい。かわいいんだが、
写真が小さいので欲求不満。

図書館/06.07.03

もとになったブログ「となりのこぱんだ」
http://blog.so-net.ne.jp/tonarino-kopanda/


コパンダちゃん
オンライン書店ビーケーワン:コパンダちゃん菅野 ぱんだ

さらなる子パンダ補給のため、ついポチっと。満足♪
飼育係の人に、首根っこをつかまれて
ぶら〜んと運ばれる子パンダ2匹の写真に悶絶。

購入/06.07.08読了
posted by schneebly at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

獅子よ瞑れ

オンライン書店ビーケーワン:獅子よ瞑れ長倉 洋海

アフガニスタンの英雄的指導者であり、
自爆テロで暗殺されたマスードの記録写真集。

先日、長倉氏の講演を聴く機会があり、
長倉氏が20年近く取材を続けていた
マスードのことを初めて知った。
作品の中に、マスードが草原で寝転がって
本を読んでいる姿があるというのを聞いて、探してみた。

その写真もさることながら、全体を通して
深い思索が刻み込まれたマスードの表情に心打たれた。
優れた人物が、志半ばにして倒れるということの
やるせなさを思わずにはいられない。

図書館/06.06.03

長倉洋海ホームページ
http://www.h-nagakura.net/
posted by schneebly at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。