2010年12月30日

12月に読んだ小説

バスジャック 
バスジャック (集英社文庫)三崎亜記
10/12/10


陰の季節
陰の季節 (文春文庫)
横山秀夫

警察の管理部門を舞台にした短編集。
面白かった。ドラマにもなった
『顔』の最初のエピソードも入ってた。

10/12/17


PRIDE 池袋ウエストゲートパークX
PRIDE(プライド)―池袋ウエストゲートパーク<10>
10/12/21


IWGPコンプリートガイド
IWGPコンプリートガイド
posted by schneebly at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月に読んだ小説

ノン+フィクション
ノン+フィクション
古川日出男

厳密には小説ではないのだけど。

10/11/07


木暮荘物語
木暮荘物語三浦しをん
10/11/09


オトナの片思い
オトナの片思い (ハルキ文庫)

橋本紡「鋳物の鍋」収録。三崎亜記「Enak!」もよかった。

10/11/17 借用
posted by schneebly at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月に読んだ小説

ストーリー・セラー
ストーリー・セラー有川浩

10/10/14 図書館


マリアビートル
マリアビートル伊坂幸太郎
10/10/18 図書館
posted by schneebly at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月に読んだ小説

博物戦艦アンヴェイル
博物戦艦アンヴェイル (朝日ノベルズ)小川一水

海洋冒険ファンタジー

10/09/11


獣の奏者 外伝 刹那
獣の奏者 外伝 刹那上橋菜穂子

オトナの恋模様。

10/09/16 図書館


凍える島
凍える島 (創元推理文庫)近藤史恵
10/09/18


レッドシャイン
レッドシャイン濱野京子

大潟村のソーラーカーレース出場に挑戦する高専生たち。
理系青春もの。

10/09/29 図書館


4444
4444
古川日出男

学校をモチーフにしたショートストーリーズ。

10/09/30
posted by schneebly at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月に読んだ小説

サウス・バウンド
サウス・バウンド奥田英朗
10/08/14 図書館


決戦のとき (クロニクル千古の闇 6)
決戦のとき (クロニクル千古の闇 6)ミシェル・ペイヴァー
10/08/16 図書館


プラ・バロック
プラ・バロック結城充考

ジャケ借り。

10/08/17 図書館

エコイック・メモリ
続編の表紙をネットで見たら
こちらも萌え〜な雰囲気だった。


戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発瀬尾まいこ

兄と弟、双方の視点から描かれているのがいい。

10/08/19 図書館


海に消えた神々
海に消えた神々 (双葉文庫)今野敏

海底遺跡モノ、面白そうだと思って読んでみたら
シリーズ物の続編だった。

10/08/23


神々の遺品
神々の遺品 (双葉文庫)今野敏

こちらが最初の作品。
オーパーツもの。

10/08/31
posted by schneebly at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月に読んだ小説

バイバイ、ブラックバード
バイバイ、ブラックバード伊坂幸太郎
10/07/03 図書館


晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)
晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編> (ミステリ・フロンティア)大崎梢
10/07/05 借用


太陽のパスタ、豆のスープ
太陽のパスタ、豆のスープ宮下奈都
10/07/06


遠まわりして、遊びに行こう
遠まわりして、遊びに行こう花形みつる
10/07/08 図書館


和菓子のアン
和菓子のアン坂木司

かわいいお話だった!

10/07/09 図書館


シンデレラ・ティース
シンデレラ・ティース (光文社文庫)坂木司

歯医者の受付バイトをすることになった
歯医者嫌いの女子大生。
個性的なスタッフ、患者たちにまつわる謎。
『和菓子のアン』と同系統の
後味さわやかなお仕事ミステリ。

10/07/10 図書館


小暮写眞館
小暮写眞館 (100周年書き下ろし)宮部みゆき
10/07/10 図書館



切れない糸
切れない糸 (創元推理文庫)坂木司

クリーニング店を継ぐことになった青年。
日常の謎、お仕事ミステリ。

10/07/11 図書館


賢者はベンチで思索する
賢者はベンチで思索する (文春文庫)近藤史恵

ジャケ買い。

10/07/12


ふたつめの月
ふたつめの月 (文春文庫)近藤史恵

『賢者はベンチで思索する』 続編

10/07/12


天使はモップを持って
天使はモップを持って (文春文庫)近藤史恵
10/07/12


書物狩人
書物狩人 (講談社ノベルス)赤城毅
10/07/13


初恋素描帖 (ダ・ヴィンチブックス)
初恋素描帖 (ダ・ヴィンチブックス)豊島ミホ
10/07/15 図書館


サマーバケーションEP
サマーバケーションEP (角川文庫)古川日出男

井の頭公園で神田川の源流に出会った「僕」は、
流れをたどって海まで行くことにする。
道すがら知り合うさまざまな人たちと、
合流したり別れたりしながら、海を目指して歩く。
独特の文体に少し戸惑ったけど
読み出したら一気に引き込まれた。

10/07/16


CSI:ニューヨーク 死の冬
CSI:ニューヨーク  死の冬 (角川文庫)
10/07/21


ハル、ハル、ハル
ハル、ハル、ハル
古川日出男
10/07/29 図書館
posted by schneebly at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

2010年6月に読んだ小説

東京バンドワゴン
東京バンドワゴン (集英社文庫)小路幸也
面白かった!続編を即購入。
東京の下町の老舗古本屋を舞台に、
四世代の大家族が繰り広げる
アットホームでミステリ風味の連作短編集。
LOVEがつまってる。
10/06/02 図書館


シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン
シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン (東京バンドワゴン) (集英社文庫)小路幸也
ページをめくる手が止まらない
10/06/02 購入


スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン
スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン (集英社文庫)小路幸也
10/06/02 購入


マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン
マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン (東京バンドワゴン)小路幸也
文庫化が待てず単行本ゲット。
戦後の混乱期を舞台にサチと勘一のなれそめを描いた番外編。
本編にも名前がよく出てくる人たちがたくさん出てきて、
やっぱりLOVEな物語。
10/06/10 購入


オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン
オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン小路幸也
このシリーズに出会えたことに感謝。
暖かく受け止めてくれたり、
バシンと肩を叩いて励ましてくれたり。
前に進む力をくれる。
手帳に書きとめたくなる名台詞がいっぱい。
10/06/10 購入


マジョモリ
マジョモリ梨木香歩
10/06/13 購入


ワニ ジャングルの憂鬱草原の無関心
ワニ―ジャングルの憂鬱草原の無関心梨木香歩
10/06/13 購入


ペンキや
ペンキや梨木香歩
10/06/13 購入


蟹塚縁起
蟹塚縁起梨木香歩
10/06/13 購入


この庭に 黒いミンクの話
この庭に―黒いミンクの話梨木香歩
10/06/13 購入


赤ずきん
赤ずきん (おはなしのたからばこ1)いしいしんじ・ほしよりこ
10/06/15 購入


スコーレNo.4
スコーレNo.4 (光文社文庫)宮下奈都
10/06/18 購入


笑う警官
笑う警官 (ハルキ文庫)
10/06/21 購入


果断 隠蔽捜査2
果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)今野敏
10/06/20 購入


サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ
サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)大崎梢
10/06/23 借用


よろこびの歌
よろこびの歌宮下奈都
私は私の歌を歌おう。
ハイロウズの歌にちなんだ7つの物語。
やっと読めた。よかった。
10/06/23 購入


遠くの声に耳を澄ませて
遠くの声に耳を澄ませて宮下奈都
10/06/27 購入


四とそれ以上の国
四とそれ以上の国いしいしんじ
10/06/29 購入
posted by schneebly at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年5月に読んだ小説

1973年のピンボール
1973年のピンボール (講談社文庫)村上春樹
10/05/06 図書館


羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫) 羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)村上春樹
10/05/06 図書館


蛍・納屋を焼く・その他の短編
螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)村上春樹
10/05/08 図書館


回転木馬のデッド・ヒート
回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)村上春樹
10/05/11 図書館


村上春樹全作品 1979-1989 3 短篇集1
村上春樹全作品 1979〜1989〈3〉 短篇集〈1〉
『中国行きのスロウ・ボート』がなかったので代わりに。
こころゆくまで、もう少し読み続けようと思う。
10/05/16 図書館


天地明察
天地明察
面白かった!
10/05/27 図書館


冷めない紅茶
冷めない紅茶
冷めない紅茶小川洋子
図書館司書が出てくると聞いたので読んでみた。
10/05/31 図書館
posted by schneebly at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年4月に読んだ小説

シアター!
シアター! (メディアワークス文庫)有川浩
小劇団と芝居の世界を描いた青春モノ。
鉄血宰相の司に〜ちゃん、恐いよぅ。
この人とよく似た追い詰め方をする人を知っている…
こういうメンタリティなんだな。勉強になるなあ。
10/04/02 図書館


Story Seller2
Story Seller〈2〉 (新潮文庫)
10/04/06 図書館


オー!ファーザー
オー!ファーザー
伊坂幸太郎
面白かった〜。
4人の父親がいる高校生の日常と事件。
"a family" っていう英題がついていた。
まさに家族の話。かなり変わってるけど、
まぎれもなく家族だ。
10/04/08 図書館


ナゲキバト
ナゲキバト
自分がしてしまった行いを背負って生きていくということ。
10/04/09 図書館


ちょんまげぷりん
ちょんまげぷりん (小学館文庫)荒木源
江戸時代から現代日本にタイムスリップしてきた侍と
彼をかくまう母子のお話。
表紙が上條淳士のイケメン侍だけど
実際はもう少しイカツいイメージだった。
10/04/13 図書館


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
10/04/14 図書館


桐島、部活やめるってよ
桐島、部活やめるってよ
10/04/15 図書館


エデン
エデン近藤史恵
『サクリファイス』の続編、
ヨーロッパに渡りツール・ド・フランスを闘うチカ。
10/04/19 図書館


告白
告白湊かなえ
10/04/20 図書館


天国旅行
天国旅行三浦しをん
10/04/21 図書館


この本が、世界に存在することに
この本が、世界に存在することに (ダ・ヴィンチ・ブックス)角田光代
本をテーマにした短編集。
ずっと気になっていて、ようやく読めた。
今の気持ちにしっくり寄り添う話が
なんだか多い気がした。
呼ばれたんだろうか
10/04/27 図書館


1Q84 BOOK3
1Q84 BOOK 3村上春樹
10/04/29 図書館


風の歌を聴け
風の歌を聴け (講談社文庫)村上春樹
読み直してみようかと。
10/04/30 図書館
posted by schneebly at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年3月に読んだ小説

キケン
キケン有川浩
面白かった〜。
10/03/12 図書館


神様のカルテ
神様のカルテ
10/03/13 図書館
posted by schneebly at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

2月に読んだ小説

yomyom vol.13 2009年 12月号
yom yom (ヨムヨム) 2009年 12月号 [雑誌]

近藤史恵「老ビプネンの腹の中」を読みたくて買った。
『サクリファイス』の続編のプロローグ、
パリ・ルーベの話。

購入 10/02/01


1Q84 BOOK 1&2
1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 2

途中までは、なかなか入り込めなくてつらかったけど
1巻の後半くらいからだんだん引き込まれていった。

購入 10/2/18


Story Seller2 
Story Seller〈2〉 (新潮文庫)

伊坂幸太郎「合コンの話」と
近藤史恵「レミング」だけ拾い読み。
「レミング」は、『サクリファイス』の番外編。

図書館 10/2/22
posted by schneebly at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

1月に読んだ小説

新参者
新参者

東野圭吾は読まず嫌いなんだけど、
いろんなエピソードがひとつにまとまっていく
連作短編、と聞いて読んでみた。
加賀警部補かっこいいなあ。
やけに服装の描写
(Tシャツに半袖シャツを羽織ったラフな格好)が
繰り返されると思っていたら、
ちゃんと種明かしがあったの、ちょっと嬉しかった。
昔ながらの情緒が残る日本橋の街を歩き回る感じもいい。
ブラタモリ?

図書館 10/01/17


6TEEN
6TEEN

ん〜
もうこの人の作品はIWGPだけでいいや

図書館 10/01/17


丹生都比売
丹生都比売梨木香歩

定期的にやってくる梨木さんブーム。
未読作品をチェック。
草壁皇子の視点で描かれた、壬申の乱前後のお話。
『天上の虹』も読みたいな。

購入 10/01/20


夕暴雨
夕暴雨―東京湾臨海署安積班

安積班シリーズ最新刊。
マンネリでもいい、大好きだ!

ドラマ「ハンチョウ」との決定的な違いは、
安積の内面描写と速水の活躍だと思う。
そこが一番の魅力だったりするので
別物として楽しむことにしてる。

購入 10/01/21
posted by schneebly at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陰陽師 夢枕獏

陰陽師 夜光杯ノ巻
陰陽師―夜光杯ノ巻 (文春文庫)

書店の新刊コーナーで見かけて、
久しぶりに読もうかなと購入し、
しばらく寝かせてあった。

1月の初めに京都に行くことになり、
旅の供に持参。行きの新幹線で読み始めた。
やっぱりこのコンビはいいなあ、
と思いながら読み進めていたら、
博雅が夜の船岡山に独りで登って
笛を吹くという場面が出てきた。

内裏の真北にあるという船岡山。
ちょっと興味を持ったので、
同行者に提案して、急遽
自転車で晴明神社〜船岡山という
陰陽師巡りが実現。楽しかったな〜

購入 10/01/06読了


で、すっかり夢枕陰陽師ブームが再燃。
以前読んだのを引っ張り出してきて再読。
読んでいなかったものも購入。読みふける。

陰陽師
陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫)

1作目。

1/6 再読


陰陽師 飛天ノ巻
陰陽師―飛天ノ巻 (文春文庫)

2作目。

1/6 再読


陰陽師付喪神ノ巻
陰陽師―付喪神ノ巻 (文春文庫)

3作目。

再読


陰陽師 鳳凰ノ巻
陰陽師 鳳凰ノ巻 (文春文庫)

4作目。

購入 1/7


陰陽師 瘤取り晴明
陰陽師―瘤取り晴明 (文春文庫)

絵本。

1/7


陰陽師 首
陰陽師 首 (文春文庫)

絵本。

1/7

この他、
生成り姫/龍笛ノ巻/太極ノ巻/瀧夜叉姫 上下/陰陽師読本
が待機中。

どうして途中から読んでないんだろう、と
つらつら思い返してみたら、
ちょうど初長編『生成り姫』が新聞で連載されていて、
博雅が恋をする話らしいと知って
何となく拗ねて読むのをやめちゃったんだった。

posted by schneebly at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

12月に読んだ小説

月光
月光 (徳間文庫)誉田哲也

読み進めるのが辛く、時間がかかってしまった
。
黒誉田の中でも、特に暗い黒。

借用/09.12.06


SOSの猿
SOSの猿伊坂幸太郎

五十嵐さんのコミック編も楽しみ。

図書館/09.12.20


まほろ駅前番外地
まほろ駅前番外地三浦しをん
図書館 09.12.20

テメレア戦記3 黒雲の彼方へ
テメレア戦記III 黒雲の彼方へナオミ・ノヴィク

中国から陸路でイスタンブールへの過酷な旅。
ゴールかと思いきや、さらに転戦。
ナポレオン戦争時代のヨーロッパやアジア各地の
空気を味わいながら読む。

中国で人権ならぬドラゴンの権利意識に目覚めたテメレア、
地位向上の闘いも大変そう。

購入/09.12.29
posted by schneebly at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

11月に読んだ小説

RDGはじめてのお使い
RDG レッドデータガール  はじめてのお使い (銀のさじ)荻原規子

酒井駒子さんの表紙にそそられて。

図書館/09.11.01


ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華
ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華(あやかしのはな) (ウルフ・ノベルス)誉田哲也

デビュー作。吸血鬼モノだけど
姫川シリーズとリンクしてた。
姫川玲子の登場の仕方にびっくり。
入手困難だったけど
もうすぐ文庫になるらしい。

購入/09.11.17

あれれ、今月は小説これだけか。

posted by schneebly at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

10月に読んだ小説

煙突の上にハイヒール
煙突の上にハイヒール小川一水

インフルエンザのパンデミックを
モチーフにした作品があったんだけど
臨場感ありすぎてこわかった。

図書館/09.10.06


ソウルケイジ
ソウルケイジ (光文社文庫)誉田哲也

姫川シリーズ第2弾。

購入/09.10.09


算法少女
算法少女 (ちくま学芸文庫)遠藤寛子

何のきっかけだったか、先輩に紹介してもらった本。
しばらく積ん読になっていたのを思い出した。

学問の楽しさに目覚めた江戸の庶民を描く
物語の面白さもさることながら、
長らく絶版になっていた本書が
熱い声援に応えて復刊されるに至った経緯が
あとがきに書かれていて、そちらも感動的。

購入/09.10.10


明治断頭台
明治断頭台―山田風太郎明治小説全集〈7〉 (ちくま文庫)

山田風太郎といえば、忍法帖とかの
荒唐無稽なお話を書く人、
というイメージしかなかったんだけど、
これで1位になってた作品なので
どんだけすごいのか読んでみたい、と
購入して積ん読になってた。

幕末維新の辺りって
どうしても頭に入らなかったんだけど
明治初期のカオスな時代の空気が
ダイレクトに伝わってきて、
とにかく面白くて一気に読んだ。
連作短編の体裁なんだけど
最後にすべてをひっくり返すしかけが施されていて
ミステリとしても大満足。

購入/09.10.16


明るい夜
明るい夜 (文春文庫)黒川創

京都出身の同僚からすすめられた本。
第二回「京都水無月大賞」受賞作品。
淡々とした若者の日常を描いた作品だけど
なんともいえない余韻が残る。

借用/09.10.21


警視庁草紙 上
警視庁草紙〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈1〉 (ちくま文庫)

上記の『明治断頭台』の主人公のひとり、
川路利良が、こちらでは敵役として登場。
明治時代、ちょっとハマりそうだなあ。

購入/09.10.27

警視庁草紙〈下〉―山田風太郎明治小説全集〈2〉 (ちくま文庫)

購入/09.10.29

posted by schneebly at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣の奏者 3、4

獣の奏者 (3)探求編獣の奏者 (4)完結編上橋菜穂子

2冊で完結じゃなかったの?と思いながら読み始めたけれど、
本を閉じたときにはこの2冊を読めてよかった、と心から思った。

図書館/09.10.01


バルサの食卓
バルサの食卓 (新潮文庫)上橋菜穂子&チーム北海道

守り人シリーズ、獣の奏者シリーズ、『狐笛のかなた』。
物語に出てくる美味しそうな食べ物を再現し、
原作でその食べ物が登場するシーンの抜粋とともに紹介。
著者がそれぞれにショートエッセイを書き下ろし。
…という夢のような企画。
しかも料理を考えた人たちの中に
「南極料理人」がいた!
というのを後から知って、
いろんなことがつながった。

シンプルな食材を使っているので
すぐにでも作れそうなところが、またいい。

図書館/09.10.30

posted by schneebly at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロニクル千古の闇

6000年前のヨーロッパを舞台にしたファンタジー。
面白くて一気読み。
酒井駒子のイラストも美しい。
映画化と情報もあり、楽しみ。


オオカミ族の少年
オオカミ族の少年 (クロニクル 千古の闇)ミシェル・ペイヴァー
図書館/09.09.29


生霊わたり
生霊わたり (クロニクル千古の闇 2)
図書館/09.09.29


魂食らい
魂食らい (クロニクル千古の闇 3)
図書館/09.09.30


追放されしもの
追放されしもの (クロニクル千古の闇 4)
図書館/09.10.01


復讐の誓い
復讐の誓い (クロニクル千古の闇 5)
図書館/09.10.20
posted by schneebly at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

9月に読んだ小説

モノレールねこ
モノレールねこ (文春文庫)加納朋子
借用/09.09.02


ドラゴン・ティアーズ 池袋ウエストゲートパーク9
ドラゴン・ティアーズ──龍涙石田衣良
図書館/09.09.02


あるキング
あるキング伊坂幸太郎
図書館/09.09.08


今夜も宇宙の片隅で
今夜も宇宙の片隅で笹生陽子
図書館/09.09.18


フリーター、家を買う。
フリーター、家を買う。有川浩

都合の良すぎる展開かもしれない。
物事そんなに上手くいくもんじゃないかもしれない。
でもいいんだ、そういうのが読みたいんだ。
は〜楽しかった、って本を閉じたいんだ。

図書館/09.09.22


陽気なギャングの日常と襲撃
陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)伊坂幸太郎

ノベルス版は既読。
文庫版に収録されている短編のみチェック。

購入/09.09.22
posted by schneebly at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

誉田哲也

武士道エイティーン
武士道エイティーン

余韻を残しつつ完結。
今回は、香織と早苗以外の登場人物視点の
エピソードもいくつか入っていて得した気分。

図書館/09.09.01


Over the Wind
Over the Wind―青春スポーツ小説アンソロジー

スポーツ小説アンソロジー。
競馬。放送部&剣道部。アメフト。バスケ。自転車。
『セカンドウィンド』のサイドストーリーが読めて嬉しい。
誉田さんのはフィギュアスケートが題材の短編。
これは男の子視点だった!

図書館/09.09.09


ストロベリーナイト
ストロベリーナイト (光文社文庫)

警察小説も得意とする作家なので
読んでおかないと。

購入/09.09.11


アクセス
アクセス

こちらはホラー小説。
けっこう容赦ない展開。

購入/09.09.12


ジウ1
ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

出世作。
個性的な2人の女性警官が登場。

購入/09.09.12


ジウ2、3
ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)

続きが気になって一気に読んでしまった。
基子に肩入れして読んでたらエラいことに。

購入/09.09.15


疾風ガール
疾風ガール

元気なギター少女が
メンバーの自殺の謎を追う。
ミステリ風味もありの青春ロック小説。

図書館/09.09.14


ガールミーツガール
ガール・ミーツ・ガール

『疾風ガール』続編。

図書館/09.09.17


WEB本の雑誌より 誉田哲也インタビュー。
http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi092_honda/
posted by schneebly at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。