2007年09月30日

最終工場

最終工場 (JAPAN DEATHTOPIA SERIES)小林伸一郎

デストピアシリーズ最終章。
書店で見かけて思わず駆け寄ってしまった。
「工場」で「廃墟」ときたら
買って帰らずにはいられない。

シリーズ一作目は衝撃的だった。
廃墟遊戯
98年に出たこの写真集は、
自分の廃墟志向を自覚するきっかけになった。
でも、『最終工場』を見ていたら、
もしかして私がそそられていたのは
廃墟一般じゃなくて「工場廃墟」だったのかも、
という気分になってきた。

購入/07.09.24


posted by schneebly at 21:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

小林伸一郎写真展「最終工場」
Excerpt:  銀座ニコンサロンで開催中の小林伸一郎写真展「最終工場」(10月16日まで)を鑑賞した。先月発売された写真集「最終工場」(マガジンハウス刊)に掲載された作品が展示されている。写真集もいいが、やはりオリ..
Weblog: 尾高弘樹の放蕩日記
Tracked: 2007-10-08 21:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。