2007年09月19日

対話篇

対話篇金城一紀

3つの短編の共通テーマは、
死と、とあるきっかけで知り合った他人と、
忘れられない恋。

GO、ゾンビーズの後にこの作品が発表されて、
最初に読んだときは、
なんだか地味で退屈な作品だと思った。
今回読んだら面白く感じた。
この人、本当はこういう路線なのかも。

図書館/07.09.04再読
posted by schneebly at 22:40| Comment(2) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 at 2009年06月14日 04:13
>藍色さま

いつもTBありがとうございます。
さきほどTB送信しました。
Posted by schneebly at 2009年06月19日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56173761

この記事へのトラックバック

対話篇 金城一紀
Excerpt: 本当に愛する人ができたら、絶対にその人の手を離してはいけない。 なぜなら、離したとたんに誰よりも遠くへと行ってしまうから―。 連作...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-06-14 04:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。