2007年09月01日

映画篇

映画篇金城一紀

新作をずいぶん読んでいないな、と思っていたら、
素敵な作品が飛び込んできた。
8月31日に区民会館で開かれる
「ローマの休日」の無料上映会、というイベントが
5つの短編を結ぶ、たまらなくツボなパターン。
時期的にもぴったりのタイミングで読めたのが嬉しい。

図書館/07.08.30


posted by schneebly at 22:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画篇 金城一紀
Excerpt: 扉画は鴨居まさね。装丁は岩瀬聡。書き下ろし短編集。 太陽がいっぱい:作家になった僕と永花の再会。甦る龍一との映画の日々。…再生。 ドラゴン怒りの鉄拳:夫を喪った主婦のわ...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-09-20 02:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。