2007年02月13日

フェルデンクライスメソッド 20回目

Pさんは風邪のためお休み(お大事に〜)、
Mさんと2人でレッスン。

うつぶせに寝て、頭を左右どちらか、
自分の向けやすい側に曲げる。
私は右向きの方が楽だったので右。
左手を頭の下に置き、
肘から手までを同時に浮かせて頭を持ち上げたり、
肘を遠くへ伸ばしたりする。
反対向きも同じように行う。

次に、その体勢のまま膝を曲げて
足の裏を天井に向け、
足で天井を押すつもりで左右交互に膝を浮かせる。
どこに体重をかけると動きやすいかを考えながら動く。

しばらく動いた後で最初の動きに戻ると、
さっきよりも頭が高く上げられるようになっていた。
身体のどこを支点にすると動きが楽になるか、
いつのまにか学習していたようだ。

終わって立ち上がり、歩いてみると
背中や首がすっと伸び、腰もしっかり安定して
姿勢がよくなっているのがわかった。

posted by schneebly at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33614387

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。