2006年11月26日

ほたる館物語 1

ほたる館物語〈1〉あさのあつこ

文庫化を機に、デビュー作を読んでみた。
老舗の温泉旅館の孫娘、小5の一子が主人公。
40年間「ほたる館」を仕切ってきた女将である
一子の祖母をはじめとする大人たちが交わす
関西弁の会話が粋で面白い。

購入/06.11.26読了


posted by schneebly at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。