2006年11月24日

夜露死苦現代詩

夜露死苦現代詩都筑響一

新聞記事で紹介されていて
面白そうだったので読んでみた。

なぜ今、人びとは「詩」を求めるのか
http://book.asahi.com/clip/TKY200610260157.html

行き詰まった現代詩ではなく、
リアルな言葉をストリートに探しにいく
16章の刺激的な旅。

死刑囚の俳句。玉置宏の話芸。
湯のみに書かれた十か条。
人知を超えた誤変換。
ヒップホップにラップミュージック。
「あとがきにかえて 相田みつを美術館訪問記」まで
ドキドキしながら読んだ。

図書館/06.11.21読了


posted by schneebly at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。