2006年07月20日

フェルデンクライスメソッド 12回目

前回のレッスンから2週間。
間隔がわりと短めだったせいか、
身体の調子を維持したまま過ごすことができた。

今日は首を伸ばす動き。
仰向けに寝て膝を立て、
床を踏みしめる感じで尾骨を浮かせ、
その動きに合わせて頭の後ろに組んだ手で
頭を上の方に引っ張り上げる、というもの。

最初はうまくできなかったけれど、
左右交互に、動作をバラしながらやっていくうちに
スムーズに動けるようになった。
ひととおり終わった後の、ほぐれた身体が気持ちよく、
遊び疲れて昼寝をする夏休みの子どもみたいに
大の字になって堪能した。
立ち上がると、首がすっと伸びて、肩が開いて
背が高くなったような感じ。
先生に勧められて鏡を見に行ってみると、
格段に姿勢が美しくなっていた。
この感じを、忘れないようにインプット。


posted by schneebly at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正しい姿勢でいることって難しいよね。人間は一般的に怠け者だから、楽な方、楽なほうへ流れていく・・・キープするのは大変です!
私は、筋肉が固いので、(体は柔らかいのだけど)結構、動きがぎこちない。フェルデンクライスメソッドをやると、ゆるゆるするのかな???
Posted by ふう子 at 2006年07月21日 21:54
>ふぅ子さん

フェルデンクライスメソッドを始めて約1年、月1回程度通って、少なくともレッスン中の動きはだいぶ滑らかになってきた気がします。日常での動作に反映されてるかどうかはあまり自覚できてないけど、以前と比べたら、ふとした拍子に「あ、今姿勢悪くなってる」と気づいて自分で矯正できるようになったかも。
Posted by schneebly at 2006年07月23日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。