2006年05月18日

フェルデンクライスメソッド 9回目

2ヶ月ぶり。
レッスンお休みして間が開くことは多いけど、
こんなに開いてしまったのは初めてだ。

体が、すっかりダメな方にリセットされちゃいました、と
先生に言ったら、それが自覚できるってことは
レッスンやる前より進歩してるってことじゃない?と
慰めてくださった。

今回は、肩〜背中をゆるめる動き。
仰向けに寝て、胸の上で組んだ両手を
頭の上の方の床に伸ばし、左右に動かす、というもの。
それに足の動きを加えたり、
左右にひねる動きを加えたりしながらゆっくりと続ける。

終わって立ち上がったら、
姿勢が変化しているのが自分でもわかる。
肩が開いて、体の重心が上がった感じ。
ガチガチだった肩や背中もすっかり軽くなった。

↓ 2006.5.20追記
結局この日は体がゆるゆるになって眠くて眠くて、
早々に就寝。翌日は、体はすごく楽になったけど、
時間が経つにつれて揉み返しのような状態で
じわ〜んとだるい感じに。
久々すぎて、体がびっくりしちゃったかな。





posted by schneebly at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18082623

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。