2010年12月30日

12月に読んだ本

本の虫ではないのだけれど 日常を散策する1
本の虫ではないのだけれど―日常を散策する〈1〉 (日常を散策する 1)清水眞砂子
10/12/10


飽きる力
飽きる力 (生活人新書 331)河本英夫

面白かった!「飽きる」ことの意味や効用を
ポジティブにとらえてみる。
オートポイエーシスという概念と出会う。

10/12/11


マンガはなぜ規制されるのか
マンガはなぜ規制されるのか - 「有害」をめぐる半世紀の攻防 (平凡社新書)長岡 義幸
10/12/24


本屋の窓からのぞいた{京都}
本屋の窓からのぞいた京都 〜恵文社一乗寺店の京都案内〜
10/12/27


つながる技術 
つながる技術―幸運な偶然を必然にするには?小山薫堂

いつもと違うことをすると、必ず何か摩擦が生まれます。
(中略)
摩擦が起こるからこそ、
いままでにない出会いがあったり、
何かを感じたりできる。 p120-121


10/12/30
posted by schneebly at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。