2010年02月03日

1月に読んだ小説

新参者
新参者

東野圭吾は読まず嫌いなんだけど、
いろんなエピソードがひとつにまとまっていく
連作短編、と聞いて読んでみた。
加賀警部補かっこいいなあ。
やけに服装の描写
(Tシャツに半袖シャツを羽織ったラフな格好)が
繰り返されると思っていたら、
ちゃんと種明かしがあったの、ちょっと嬉しかった。
昔ながらの情緒が残る日本橋の街を歩き回る感じもいい。
ブラタモリ?

図書館 10/01/17


6TEEN
6TEEN

ん〜
もうこの人の作品はIWGPだけでいいや

図書館 10/01/17


丹生都比売
丹生都比売梨木香歩

定期的にやってくる梨木さんブーム。
未読作品をチェック。
草壁皇子の視点で描かれた、壬申の乱前後のお話。
『天上の虹』も読みたいな。

購入 10/01/20


夕暴雨
夕暴雨―東京湾臨海署安積班

安積班シリーズ最新刊。
マンネリでもいい、大好きだ!

ドラマ「ハンチョウ」との決定的な違いは、
安積の内面描写と速水の活躍だと思う。
そこが一番の魅力だったりするので
別物として楽しむことにしてる。

購入 10/01/21
posted by schneebly at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。