2009年12月01日

パイレーツ・ロック

60年代のイギリス。民放ラジオ局はまだ存在せず、
BBCでは1日45分しかポップミュージックが流れなかった時代。
北海に浮かぶオンボロの船からの海賊放送で
24時間ロックをかけまくっていたDJたちのお話。

ラジオ局のオーナー役、
ビル・ナイ様がエレガントでカッコよくて惚れ惚れ。
ダンスもノリノリ。

カリスマDJ役の
フィリップ・シーモア・ホフマンのひげ面が
どうしてもディカプリオに見えて仕方なかった。

The Whoの"Won't Get Fooled Again"の
イントロが聞こえてきた瞬間
CSI:マイアミが頭をよぎった。
しかもあの絶叫のところが
場面と絶妙にシンクロしてて
シリアスな場面なのにニヤリとしてしまった。

公式サイト(音がガンガン出ます♪)
http://www.pirates-rock.jp/

劇場/09.11.28
posted by schneebly at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。