2009年08月28日

8月に読んだ小説

おさがしの本は
おさがしの本は門井慶喜

公共図書館のレファレンスカウンターを担当する
男性司書が主人公の連作短編。
本探しのミステリだけど、
図書館の存在意義についても語られている。

借用/09.08.25


身の上話
身の上話佐藤正午

借用/09.08.26


学問
学問山田詠美
借用/09.08.28
posted by schneebly at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。