2009年07月30日

7月に読んだ小説

もうすぐ
もうすぐ
橋本紡

妊娠・出産を扱った作品。
記者の視点から描くことで、
さまざまな女性たちの苦悩に焦点があてられた
オムニバス風なつくりになっている。
重いテーマなんだけど、
読み終えたときになんだか元気づけられた。

図書館/09.07.03


プリンセス・トヨトミ
プリンセス・トヨトミ
万城目学 図書館/09.07.10

砂のクロニクル船戸与一

どっぷり長編に浸かりたい気分だったので、
積ん読本に手を出した。

購入/09.07.12


植物図鑑
植物図鑑有川浩

期待通りの甘々なラブストーリー、
美味しくいただきました。
今回の切り口は「道草」「山菜」。
草食系だけど「狩り」が上手い男子に
胃袋をつかまれた女子のお話。
作中に出てくる植物の写真が
ちゃんと掲載されているところがうれしい。

図書館/09.07.14


BOX!
ボックス!百田尚樹

高校生のボクシング小説。

破天荒な天才ボクサーと、
幼なじみの彼に憧れてボクシングを始めた
ひ弱なガリ勉くんと、
ふとしたきっかけで
ボクシング部の顧問になった女性教員。
視点を入れ替えながら、
1年間の彼らの成長を描く。
本気になったコドモに触発されて
オトナもやる気を出す、というところが
いいなあと思う。

図書館/09.07.27

posted by schneebly at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。