2009年06月11日

ヤンキー論にハマる

ここからの流れで。

ヤンキー文化論序説
ヤンキー文化論序説

『ヤンキー進化論』とは違って、
都築響一やら酒井順子やら宮台真司やら、
さまざまな書き手による評論集。
いろんな人が思い思いのことを書いていて面白かった。
ナンシー関のエッセイ再録も嬉しい。
レファ本としても充実していて、
ここから芋づる式読書が始まる。

ヤンキー論は、ヤンキーからは出てこない
というようなことが書いてあった。
ヤンキーに読まれることもないのかもしれない。

図書館/09.06.03


ツッパリ・検定 おめぇ、どこ中だよ!?
ツッパリ・検定―おめぇ、どこ中だよ!? (OAK MOOK 176)

こんな本が出てたとは。
今のオトナたちがやんちゃだった当時を
懐かしむための本って気がした。

図書館/09.06.09


DECOTORA
DECOTORA

デコトラ=アートトラックの写真集。

図書館/09.06.11


Hell on WHEELS―暴走族の改造単車コレクション
Hell on WHEELS―暴走族の改造単車コレクション (ストリートデザインファイル)都築響一編

改造バイク、何もそこまで…と思うような
非実用的なデザインがずらずらと。
この「ストリートデザインファイル」シリーズは
他にも注目本がいっぱい。

図書館/09.06.11


「族」俺達の流儀―走りぬけた爆音人生
「族」俺達の流儀―走りぬけた爆音人生岩橋健一郎

ヤンキー論は、ヤンキーからは出てこない、と思いきや、
雑誌「チャンプロード」立ち上げから関わっている
「ヤンキー界の重鎮」がいたのだった。

暴走族の元ヘッドたちの「成功物語」インタビュー集。
鳶職、土建業、車・バイク関係から
飲食店経営、実業家、花屋、アーティストまで。
10代で引退した後、社会に根を下ろした人たちの話。

図書館/09.06.11


族―吉永マサユキ写真集
族―吉永マサユキ写真集

ヤンキー文化を最初に意識した頃に出会った写真集。
自慢のバイク。返り血がついた特攻服。
眉の剃り跡も生々しい、どアップの顔。
レディース。追悼集会。見たことのある交差点。
著者渾身の取材による作品。

図書館/2004
posted by schneebly at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。