2009年06月10日

f植物園の巣穴

f植物園の巣穴梨木香歩

f植物園で働く「私」が歯の痛みを訴えるところから
半ば唐突に物語が始まる。そして、ずぶりずぶりと
異界へ迷い込んで行く。
いったいどこへ連れて行かれるのか、予測がつかないまま
ただひたすら「私」について歩くように読み進める。

さながら私の「一般常識」や「科学的思考」を嘲笑うかのように、次から次へと奇天烈な展開になっている。しかしまあ、それも慣れたには慣れた。


ようやくこの異界になじんだ頃には、早くもクライマックス。
思いもよらない終幕に言葉を失った。
面白かったかどうかと聞かれると、ちょっと言葉に詰まる。
人に薦められるかと言えば、それも微妙。
比類のない酩酊感とカタルシスが味わえることは保証する。
梨木さん、すごいところへ行ってしまった。

図書館/09.06.10
posted by schneebly at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121237161
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。