2008年10月20日

レッスン再開

都合でしばらくお休みしていたレッスンを再開。
前回は去年の8月24日だったので、
先生とも、Pさん、Mさんとも
1年以上会っていなかったことになる。びっくり。
勘を取り戻すべく、軽めの内容からゆるゆると。

最初はスキャニング。仰向けに寝た状態で、
自分の体が床にどんな風に接しているかを
足先から頭の方へ順番に確認していく。

1)仰向けに寝て膝を立て、
右膝を左膝の上に乗せて足を組み、
左膝を左側に倒していく。
何回か繰り返して、仰向けの状態に戻ると、
既に体と床の接し方が
左右で変わってきていることがわかる。
足を組み替えて反対側の動きも同じように。

2)1の動きに、頭を持ち上げる動きを加える。
頭の下で手を組み、肘を閉じながら頭を少し持ち上げる。
頭を持ち上げる動きと、足を倒す動きが
滑らかに連動するように繰り返す。

3)仰向けに寝て膝を立て、
右手を左の脇の下に入れ、
左手も右脇に持っていき、肩甲骨を触る。
その状態で、右肩を少し浮かせる。
次に左肩を少し浮かせる。
骨盤から下は動かさないようにして、
左右交互に体を持ち上げる。
慣れてきたら、目や頭の動きもつけたり、
骨盤や足も一緒に動かしながら左右にゆらゆら。

3の動きは、最初にレッスンでやったときに
とても気持ちよかったので、ときどき寝る前に試している。
背中がいい感じにほぐれるんだけど、
やりすぎると翌日起きたときに
全身がだる〜くなっているので要注意。

そんなこんなで、あっという間にレッスン終了。
久しぶりだから大丈夫かな〜と思っていたけど
ちゃんと体は覚えていたみたいで、
上手に動くことができた。
スキャニングをすると、始める前よりも
明らかに体が床に沈むように密着している感じがするし、
立ち上がったときに首から背筋がすっと伸びて
肩がほどよく落ちて、姿勢が美しくなっているのがわかる。
「これだよこれ〜」とはしゃぎながら、
3人でぐるぐると部屋を歩き回る。
終わった後のゆるゆるな感じも久しぶりで気持ちいい。

08.10.16


posted by schneebly at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | フェルデンクライスメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。