2008年08月30日

錯視芸術の巨匠たち―世界のだまし絵作家20人の傑作集

錯視芸術の巨匠たち―世界のだまし絵作家20人の傑作集

アルチンボルドやエッシャーなどの
有名どころだけではなく、
現代作家も幅広く収録したカタログ。
こんなアーティストがいたんだ、
こんな技法があったんだ、と
わくわくしながらページをめくる。
一時期ハマった福田繁雄の作品もあった。

オスカー・ロイテルスバルドの不可能図形。
和紙にフリーハンドで描かれた味のある線。
チョークで彩色されているところも
ラフでかわいらしく、
部屋に飾っておきたくなる風情。
http://im-possible.info/english/art/reutersvard/

ジョン・ピューのトロンプ・ルイユ壁画。
あまりにもリアルで覗き込みたくなるような作品たち。
病院のロビーに描かれた作品は、
患者たちの心を鎮め瞑想に誘うためのもの。
http://www.illusion-art.com/

ビック・ムニーズの
チョコレート・シロップ絵画。
とろりとしてつややかな液体で描き、
写真に閉じ込めた不思議な作品。
http://www.vikmuniz.net/
gallery>1997 pictures of chocolate

ロブ・ゴンサルヴェスのマグリット的絵画は
どこかで見たことがあると思ったら
「真昼の夢」の作者だった。
真昼の夢 (ほるぷ海外秀作絵本)

図書館/08.08.29


posted by schneebly at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。