2008年08月30日

出星前夜つながり

黄金旅風
黄金旅風 (小学館文庫 い 25-5)
飯嶋和一

「出星前夜」読了後、
こちらももう一度読みたくなって
買っておいた文庫版を開いた。
奉行所の命令で踏み絵を作らされた
鋳物師のエピソードが、
最初に読んだとき以上に胸に迫ってきた。

購入/08.08.17

島原の乱とキリシタン弾圧関係についても
改めて読みたくなって、関連書をピックアップ。

島原の乱
島原の乱 (中公新書)
神田千里 購入/08.08.23

旅する長崎学 (3)
旅する長崎学 (3)
購入/08.08.23

数年前に長崎を旅行したときに
西坂の二十六聖人記念館を訪れて
衝撃を受けたことを思い出す。
そういえばあのときは、帰ってから
遠藤周作の「沈黙」を読んだのだった。
沈黙 (新潮文庫)




posted by schneebly at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。