2009年07月30日

7月に読んだ本

ハグタイム
ハグタイム
パトリック・マクドネル 図書館/09.07.02


ずーっとずっとだいすきだよ
ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)
ハンス・ウィルヘルム 図書館/09.07.02


学校がアホらしいキミへ
学校がアホらしいキミへ
日垣隆 図書館/09.07.15


「サービス」をサービス!
「サービス」をサービス!指南役

お仕事本。

購入/09.07.22


「王様のブランチ」のブックガイド200
「王様のブランチ」のブックガイド200 (小学館101新書)
松田哲夫 図書館/09.07.23
posted by schneebly at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近藤史恵

巴之丞鹿の子
巴之丞鹿の子―猿若町捕物帳 (光文社時代小説文庫)近藤史恵

『サクリファイス』がすごく気に入って、
他の作品も読んでみたいと思っていた。
全然ジャンルは違うけど、捕物帳も面白かった。

購入/09.07.


ほおずき地獄
ほおずき地獄―猿若町捕物帳 (光文社時代小説文庫)購入/09.07.23


にわか大根
にわか大根―猿若町捕物帳 (光文社時代小説文庫)購入/09.07.23

タルト・タタンの夢
タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)

とあるビストロを舞台にした
「日常の謎」系ミステリ。
探偵は、長髪にヒゲの、サムライみたいなシェフ。
料理が美味しそうだし、蘊蓄もほどほどでよかった。

図書館/09.07.23


ヴァン・ショーをあなたに
ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)

前作が面白かったので続編を。

購入/09.07.25


ハートブレイク・レストラン
ハートブレイク・レストラン (光文社文庫)松尾由美

レストランつながりで。
こちらはファミレスが舞台の、
やはり日常の謎系。

図書館/09.07.23
posted by schneebly at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古川日出男

アラビアの夜の種族
アラビアの夜の種族 (文芸シリーズ)古川日出男

前から、素敵なタイトルの本だな〜と思っていて、
気になる作家でもあって購入したものの、
あまりの分厚さに積ん読状態になっていた。
なんとなく、長い物語にどっぷり浸りたい気分になって、
『砂のクロニクル』の次に手を出した。
アラビアンナイトの変奏曲という感じの作品。
読み出したら止まらなかった。

購入/09.07.21


ベルカ、吠えないのか?
ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)

太平洋戦争中にキスカ島に置き去りにされた
4頭の軍用犬から始まる、
「戦争の世紀」を生きた犬たちの系譜。
面白いことを考える作家さんだな〜と思う。

購入/09.07.25


gift
gift (集英社文庫)

短編集。
全く作風の違う2つの長編を読んで、
これを読んだら、さらに混乱した。
とにかく、一括りに「こういう作家」と
カテゴライズできない人らしい。
この作家を好きなのかどうかもわからない。
不思議だ。

購入/09.07.28
posted by schneebly at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月に読んだ小説

もうすぐ
もうすぐ
橋本紡

妊娠・出産を扱った作品。
記者の視点から描くことで、
さまざまな女性たちの苦悩に焦点があてられた
オムニバス風なつくりになっている。
重いテーマなんだけど、
読み終えたときになんだか元気づけられた。

図書館/09.07.03


プリンセス・トヨトミ
プリンセス・トヨトミ
万城目学 図書館/09.07.10

砂のクロニクル船戸与一

どっぷり長編に浸かりたい気分だったので、
積ん読本に手を出した。

購入/09.07.12


植物図鑑
植物図鑑有川浩

期待通りの甘々なラブストーリー、
美味しくいただきました。
今回の切り口は「道草」「山菜」。
草食系だけど「狩り」が上手い男子に
胃袋をつかまれた女子のお話。
作中に出てくる植物の写真が
ちゃんと掲載されているところがうれしい。

図書館/09.07.14


BOX!
ボックス!百田尚樹

高校生のボクシング小説。

破天荒な天才ボクサーと、
幼なじみの彼に憧れてボクシングを始めた
ひ弱なガリ勉くんと、
ふとしたきっかけで
ボクシング部の顧問になった女性教員。
視点を入れ替えながら、
1年間の彼らの成長を描く。
本気になったコドモに触発されて
オトナもやる気を出す、というところが
いいなあと思う。

図書館/09.07.27

posted by schneebly at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月に読んだコミック

おおきく振りかぶって12
おおきく振りかぶって Vol.12 (アフタヌーンKC)ひぐちアサ

いつものように
前の話を忘れていて前巻から読む。

図書館/09.07.02


PLUTO8
PLUTO 8 (ビッグコミックス)浦沢直樹 

完結。

図書館/09.07.06


百鬼夜行抄18
百鬼夜行抄 18 (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
今市子 購入/09.07.


とめはねっ!5
とめはねっ! 5 (ヤングサンデーコミックス)

自動墨すり機、すごい。

購入/09.07.


YUKIKAZE 1 戦闘妖精
YUKIKAZE 1 戦闘妖精
多田由美 購入/09.07.


サクリファイス1
サクリファイス 1 (ヤングチャンピオンコミックス)菊池昭夫 

原作のファンなので、気になって買ってみた。
内容はともかく、
絵が某作家の影響を受けまくっているので
気になって集中できなかった。

購入/09.07.23


もやしもん8
もやしもん 8―TALES OF AGRICULTURE (イブニングKC)

地ビール編。

図書館/09.07.24


ZOOKEEPER 8
ZOOKEEPER 8 (イブニングKC)青木幸子 

完結。
終わってしまって残念だったけど、
もっと読みたいな、くらいが
ちょうどよかったかな。

この作品が
単なる新米職員の奮闘記に終わらなかったのは
園長のキャラがあってこそだと思う。
物事を見抜く力というか、戦略眼というか。
こういう上司と仕事したら
相当鍛えられそうだ。

購入/09.07.
posted by schneebly at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。