2009年06月29日

大人買いリスト

萌えが再燃して、
久々に工場ブログ巡りをしてみた。

工場萌えな日々
http://d.hatena.ne.jp/wami/

↑ここの過去記事を読んでいたら、
萌えTシャツを見つけてふらふら誘導された。↓

バドン|マニアパレル
http://blog.livedoor.jp/r2koba/

なんと、今まさに造船Tシャツの受注をしていた。
すかさずメールで申し込む。
さらに過去ログを遡ると、次々と萌えアイテムが。
新宿のジュンク堂で手に入ると知って、
いてもたってもいられず、遠征してきた。

フレアスタックT
軍艦嶋T
高架下建築T
ガントリークレーンてぬぐい×2色
テトぐるみ

大人買い。ああ楽しい。

お目当ての品をゲットして、ついでに、
というかもともと本屋ですから、
せっかく来たので各フロアをまわってみた。
気がつけば萌え本ばかりを購入していた。
そういう日だったんだ、きっと。

廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産
購入/09.06.27

THE・造船 常石造船
写真集「THE・造船 常石造船」(DVD付)
購入/09.06.27

ワンダーJAPAN巨大工場*総特集号
ワンダーJAPAN巨大工場*総特集号 (三才ムック VOL. 241)
購入/09.06.27

戦利品を抱えて、
向かいのアイリッシュパブでビールを2杯。
すっかり気持ちよくなったその足で
闇に浮かぶ第5高炉を見に
蘇我まで行ってしまったのはここだけの秘密だ。
暗くてよく見えなかったので(あたりまえ)
今度昼間リベンジしに行くのだ。
そして遊覧船&ポートタワーで萌え転げるのだ。
posted by schneebly at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SA

GO BARMY KIDS
GO BARMY KIDS(DVD付)

VANDALS BOP
Vandals Bop!!

ロッケンロー・サミット2008のライブ映像を見た相方より、
トリのSAというバンドがメチャメチャかっこよかったので
チェックしておくように、というお達しがあり、
久々にダウンロードでなくCDを買った。

けっこうキャリアの長い人たちだった。
ラフィンとかコブラとか懐かしすぎる。
アラフォー世代のパンクな応援歌?
酔っぱらってバスを待ちながら聞いていたら
泣きのメロディがしみた。

購入/09.06.19

posted by schneebly at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月に読んだ本

パパ、ママどうして死んでしまったの―スウェーデンの子どもたち31人の手記
パパ、ママどうして死んでしまったの―スウェーデンの子どもたち31人の手記
図書館/09.06.08


ブックデザイン ミルキィ流
ブックデザイン ミルキィ流

本好きの先輩がうっとりしながらすすめてくれて、
こちらもほいほい貸してもらった。
ブックデザインて、こんなに隅々まで
心を配ってるんだと改めて感動してしまった。
ミルキィ・イソベ、といえば
飯嶋和一の装丁を手がけている人。
『黄金旅風』の装丁裏話が読めるなんて!

楠本マキの装丁とかもやってるのだった。
でもって、ペヨトル工房の人だというのを知って
さらにびっくり。「夜想」大好きでした。

借用/09.06.15


テクノゴシック
テクノゴシック小谷真理

上記『ブックデザイン ミルキィ流』に出てきて
つい気になって買ってしまった。
テクノゴシックな映画が好きなんだ。

購入/09.06.12


あたまにつまった石ころが
あたまにつまった石ころが

鉱物好きが高じて○○にまでなってしまった
おとうさんのことをふりかえった絵本。

購入/09.06.17


いつか、晴れる日
いつか、晴れる日石井ゆかり

占いとは関係のない、写真絵本。

購入/09.06.21


セレンディピティの時代
セレンディピティの時代―偶然の幸運に出会う方法 (講談社文庫)
茂木健一郎

「セレンディピティ」に反応して買ってみた。
それなりに元気が出たけど
一回読んだらもういいやって感じでした。

購入/09.06.25


報道が教えてくれないアメリカ弱者革命
報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのか堤未果

同僚にすすめられて。

図書館/09.06.26


ウェブ炎上
ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)荻上チキ

同業の先輩からもらったメールに、

これまで起こってきた現象が、これからも形を変えて起こり続ける。
これまで起こってきた現象が、これからは形を変えて起こり続ける。

という言葉が書いてあって、
面白いなあ、誰の言葉だろうとググってみたら
この本が出典だとわかった。
ネットってすごいなあ。

若いけどしっかりした文章を書く人でした。

購入/09.06.29
posted by schneebly at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月に読んだ小説

ヨコハマB-side
ヨコハマB-side加藤実秋
図書館/09.06.09


神去なあなあ日常
神去なあなあ日常三浦しをん

三重の山中が舞台の林業もの。
3月に尾鷲で檜の美林を堪能してきたので
臨場感が味わえてよかった。

図書館/09.06.17


ごきげんな裏階段
ごきげんな裏階段 (シリーズ本のチカラ)佐藤多佳子
図書館/09.06.18


田村はまだか
田村はまだか朝倉かすみ

札幌が舞台だった。

図書館/09.06.26
posted by schneebly at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月に読んだコミック

秘密6 
秘密(トップ・シークレット) 6 (ジェッツコミックス)清水玲子
購入/09.05.31


悪夢城の主今市子
購入/09.05.31


Landreaall  14
Landreaall (14) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)おがきちか
購入/09.06.04

プリーズ、ジーヴス1
プリーズ、ジーヴス 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)勝田文
購入/09.06.04


ONE PIECE 巻54
ONE PIECE 巻54 (ジャンプコミックス)
購入/09.06.04

DOG LAW
DOG LAW (ビッグコミックススペシャル)武論尊、上條淳士
購入/09.06.04


弱虫ペダル6
購入/09.06.14


町でうわさの天狗の子4
町でうわさの天狗の子 4 (フラワーコミックスアルファ)岩本ナオ
購入/09.06.17


イナンナ 上弦の巻
イナンナ 上弦の巻 (モーニングKCDX)岡野玲子

今度はベリーダンスにハマっているらしい。
ますますスピリチュアルな方向へ。
コマ割がないので、マンガというより絵本?

購入/09.06.17


ZOOKEEPER 4−7
ZOOKEEPER 4 (イブニングKC)ZOOKEEPER 5 (イブニングKC)
ZOOKEEPER 6 (イブニングKC)ZOOKEEPER 7 (イブニングKC)青木幸子
購入/09.06.20

シマシマ5
シマシマ 5 (モーニングKC)
購入/09.06.23

ふたつのスピカ 15
ふたつのスピカ 15 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
購入/09.06.23


宇宙兄弟6
宇宙兄弟 6 (モーニングKC)
購入/09.06.23


COPPERS 2
COPPERS 2 (モーニングKC)オノナツメ
購入/09.06.23


Fellows! 総集編 乙嫁語り&乱と灰色の世界
Fellows! 総集編 乙嫁語り&乱と灰色の世界 (BEAM COMIX)

単行本を待とうと思っていたのに…
入江亜紀読みたさに、つい。

購入/09.06.23


モーニング2
モーニング2 2009年 8/2号 [雑誌]

COPPERSの番外編が別冊付録と知って。
しかも単行本には収録されないって…
そりゃ買うしかないよね。
「聖☆おにいさん」と「不思議な少年」も
読めたからいいとするか。

購入/09.06.28

posted by schneebly at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

新しい製鉄所

湾岸工場地帯を巡る遊覧船&ポートタワーの
「工場萌え」ツアーに行こうと思っていたら
あいにくの天気なのであきらめる。
代わりにバーチャルツアー。

重厚長大・昭和のビッグプロジェクトシリーズ  新しい製鉄所 [DVD]

タイトルだけ見て録画しておいたら当たりだった。
鉄鉱石が鋼板になるまでの過程を追った
40分ほどの記録映画。1959年制作で、
当時としては最新鋭の工場の様子が映し出されている。
重々しいBGMと男性ナレーションが時代を感じさせる。

工場全景の空撮。クレーン。溶鉱炉。ベルトコンベア。
金色に溶けて、輝きながら流れる鉄。
スチームパンク&レトロフューチャーな
SF映画かと思うような画面の連続にぞくぞくしっぱなし。

CS録画/09.06.21

ついでにこっちも。

フェルクリンゲン製鉄所:THE世界遺産
http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20080928.html

放送時に何気なく見ていて、
慌てて録画したので冒頭数分が切れている。
19〜20世紀に稼働していたドイツの製鉄所。
別名「鉄の大聖堂」ってカッコいい。
現在は操業を停止し、文化遺産として
見学施設になっている。

工場萌えF』でも紹介されている。

地上波録画
posted by schneebly at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ZOOKEEPER 1〜3

ZOOKEEPER 1 (イブニングKC)ZOOKEEPER 2 (イブニングKC)ZOOKEEPER (3) (イブニングKC (193))青木 幸子

主人公は「温度が見える」眼を持った
人間サーモグラフィな新米飼育係。
さまざまな動物を担当して
毎回トラブルに巻き込まれながら、
その能力と天然ボケな性格で
難題をクリアしていく。

小さな市立動物園を舞台に、
動物園の存在意義を問いかける作品。
すごく面白かった。

園長のキャラが秀逸で、
マスコミに引っ張りだこの「出たがり」「タレント」園長と
揶揄され、その言動で職員たちを逆なでしつつ、
でも実はしっかりビジョンを持って
飼育係の持てる力を最大限に引き出す切れ者。

動物園は儲からない
儲かるために営業するには
あまりにも必要経費がかかりすぎる施設
客引きに血道をあげる理由は
収入増のためはもちろん
存在する意義のある施設であると認めさせるため
認めさせそして絶えず証明しつづけなくてはならない
(2巻 p87〜88)


続きもすぐに注文した。

購入/09.06.13

posted by schneebly at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の虫のためのリサイクル・ハンドバッグ

こんな記事を見つけた。ちょっと欲しくなってしまった。

「ハリー・ポッター」から「ユリシーズ」まで、本の虫のためのリサイクル・ハンドバッグ
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090614_bookworm_purse/
posted by schneebly at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

ヤンキー論にハマる

ここからの流れで。

ヤンキー文化論序説
ヤンキー文化論序説

『ヤンキー進化論』とは違って、
都築響一やら酒井順子やら宮台真司やら、
さまざまな書き手による評論集。
いろんな人が思い思いのことを書いていて面白かった。
ナンシー関のエッセイ再録も嬉しい。
レファ本としても充実していて、
ここから芋づる式読書が始まる。

ヤンキー論は、ヤンキーからは出てこない
というようなことが書いてあった。
ヤンキーに読まれることもないのかもしれない。

図書館/09.06.03


ツッパリ・検定 おめぇ、どこ中だよ!?
ツッパリ・検定―おめぇ、どこ中だよ!? (OAK MOOK 176)

こんな本が出てたとは。
今のオトナたちがやんちゃだった当時を
懐かしむための本って気がした。

図書館/09.06.09


DECOTORA
DECOTORA

デコトラ=アートトラックの写真集。

図書館/09.06.11


Hell on WHEELS―暴走族の改造単車コレクション
Hell on WHEELS―暴走族の改造単車コレクション (ストリートデザインファイル)都築響一編

改造バイク、何もそこまで…と思うような
非実用的なデザインがずらずらと。
この「ストリートデザインファイル」シリーズは
他にも注目本がいっぱい。

図書館/09.06.11


「族」俺達の流儀―走りぬけた爆音人生
「族」俺達の流儀―走りぬけた爆音人生岩橋健一郎

ヤンキー論は、ヤンキーからは出てこない、と思いきや、
雑誌「チャンプロード」立ち上げから関わっている
「ヤンキー界の重鎮」がいたのだった。

暴走族の元ヘッドたちの「成功物語」インタビュー集。
鳶職、土建業、車・バイク関係から
飲食店経営、実業家、花屋、アーティストまで。
10代で引退した後、社会に根を下ろした人たちの話。

図書館/09.06.11


族―吉永マサユキ写真集
族―吉永マサユキ写真集

ヤンキー文化を最初に意識した頃に出会った写真集。
自慢のバイク。返り血がついた特攻服。
眉の剃り跡も生々しい、どアップの顔。
レディース。追悼集会。見たことのある交差点。
著者渾身の取材による作品。

図書館/2004
posted by schneebly at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

f植物園の巣穴

f植物園の巣穴梨木香歩

f植物園で働く「私」が歯の痛みを訴えるところから
半ば唐突に物語が始まる。そして、ずぶりずぶりと
異界へ迷い込んで行く。
いったいどこへ連れて行かれるのか、予測がつかないまま
ただひたすら「私」について歩くように読み進める。

さながら私の「一般常識」や「科学的思考」を嘲笑うかのように、次から次へと奇天烈な展開になっている。しかしまあ、それも慣れたには慣れた。


ようやくこの異界になじんだ頃には、早くもクライマックス。
思いもよらない終幕に言葉を失った。
面白かったかどうかと聞かれると、ちょっと言葉に詰まる。
人に薦められるかと言えば、それも微妙。
比類のない酩酊感とカタルシスが味わえることは保証する。
梨木さん、すごいところへ行ってしまった。

図書館/09.06.10
posted by schneebly at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュトヘル 1

シュトヘル

『皇国の守護者』の伊藤悠、最新刊。
13世紀の西夏を舞台にした戦いの物語が幕を開ける。
「悪霊=シュトヘル」と恐れられた西夏の女戦士と
西夏文字に魅せられた敵方・蒙古の王子ユルールの出会い。
冒頭から凄まじい戦闘シーンの連続に圧倒された。

文字は、人を憶えておくために生まれた。
遠くにあっても、時を越えても、
人と人とが交わした心を伝え続ける…
だから、心底美しい。

購入/09.06.10

posted by schneebly at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。