2008年07月15日

新規開拓

現代マンガの冒険者たち
現代マンガの冒険者たち南信長

マンガの評論を見つけると、つい買ってしまう。
表紙の写真は自宅の書棚とのこと。圧倒される。

購入/08.07.06

刺星
刺星中野シズカ

↑『現代マンガの冒険者たち』で紹介されていて
興味を持ったので買ってみた。

人物から背景まで、輪郭線を極力使わずに
スクリーントーンを重ねて表現するという
手法が駆使されていて、緻密な工芸作品のよう。
こんな描き方があったのか!とびっくりしたのは
「本邦初の全編手彫り木版画コミック」
唐沢なをきの『怪奇版画男』以来かも。
怪奇版画男 (Big spirits comics―版画SPECIAL)

購入/08.07.10


posted by schneebly at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラン

ラン森絵都

森さんも陸上小説?と思いきや、市民ランナーの話だった。
といってもただのランナーではなくて、
ある特殊な事情のために40kmを走り抜く力をつける
という目標を持った女性が主人公。
モチーフが「カラフル」につながっていると思った。

図書館/08.07.03

posted by schneebly at 23:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリの本屋さん

パリの本屋さん

本のある魅力的な空間。
あたたかかったり、クールだったり、
カオスだったり。

購入/08.07.03

posted by schneebly at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。